履歴書・職務経歴書の書き方のコツ - ハニカム・キャリア G-111D3FR1WS

Columnお役立ちコラム

履歴書・職務経歴書の書き方のコツ

正社員転職も副業も、まずは履歴書・職務経歴書の作成から始まります。
初めて作成する際はなかなか勝手がわからないもの。
そんな方はこちらの記事を参考になさって下さい。

1.履歴書の書き方のコツ

   

1-1.誤字や脱字はNG

誤字や脱字の存在はそれだけで企業に与える印象が悪くなります。「仕事に対する姿勢も適当なのかも」や「一般的な教養に問題があるのでは」と思われては、採用が遠退いてしまいます。それは大変もったいないことですので、見直しは必ず行いましょう。

 

1-2.貼り付ける写真はどんなものがいい?

最近は応募時不要としている企業も多いため、原則必要ありません。ただ、「実は見た目を重視している」という企業も少なくありませんので、貼り付ける場合は写りの良いものを選びましょう。町の写真屋さんでは、補正や修整をしてくれるところもあります。

 

1-3.西暦?和暦?

入学/卒業年度は西暦(20xx年)、和暦(平成・令和x年)どちらでも結構です。ただし、統一して揃えるようにしてください。よくあるミスとして、記入日が西暦で入学・卒業年度が和暦、などとなっているケースがあります。職務経歴書に記載する年度の書き方とも統一させるようにしましょう。

 

1-4.趣味/特技欄ってどのように記載すべき?

自信を持って紹介できる内容でなければ空白でも構いません。全国大会への出場経験を有していたり、業界紙で取り上げられるなど注目された趣味や特技をお持ちであれば、面接での会話のネタにもなるので記載してください。

 

1-5.扶養家族の考え方は?

注意しなければいけないポイントは2点。「自分の扶養家族の人数」である事と、「配偶者を除く」場合が一般的である事です。

例えば、自分に子供が2人いた場合でもすでに配偶者の扶養に入っている場合は0人となりますし、子供や扶養している親などの家族がいない場合も0人となります。

 

1-6.免許、資格は正式名称で

取得した免許や資格はアピールポイントとしても記載したいと思われるはずです。その際は正式名称を調べて記載するようにしてください。また免許やTOEICスコアは「取得」、資格試験等は「合格」となります。

(例)

  運転免許→普通自動車第一種運転免許 取得

  宅建  →宅地建物取引主任者試験 合格

 

1-7.その他要望欄には何を書けばいい?

基本的には「貴社の規定に従います」がベターです。どうしても伝えておきたい内容があれば記載すべきですが、内容によっては合否に関わるため上記をおすすめします。伝えたい考えや事情は面接官の受け取り方を探りながら、面接の中で伝えた方が良いと思います。

下記のような残業や給与など待遇面に関しての言及はマイナスに受け取られる可能性が高いので、記載は避けましょう。

(NG例)

  残業は1日30分までを希望しています。

  月額給与〇〇万円以上希望。 など

 

2.職務経歴書の書き方のコツ

 

2-1.職務要約はどうやって書くべき?

職務要約は、あなたが過去に行ってきた仕事の内容の要点を分かりやすく簡潔にまとめたもので、ポイントは「どこで、何をしていたか、アピールしたい点」を記載する事です。

沢山の候補者を選考する採用担当者が一番初めに確認する項目なので、長くなりすぎないように2~300文字程度でまとめましょう。

 

2-2. 実績は定量的に記載する

職務詳細に記載すべき内容の【実績】欄。金額や件数、順位など具体的な数字で定量的に記載する事が大切です。「胸を張って書ける実績は何も無いんだけど・・」という方も、下記のように行動量などを数字で表せば立派な実績です。

(例)

  「昨年より訪問を増加させた」

   ↓

  「訪問件数 〇〇件(昨年対比+〇〇%)」

 

2-3. 事実や履歴書と矛盾があってはダメ!

職務経歴書には履歴書で記載した情報と同じ入社・退職年月を記載する他、PRした実績や扱っていた商材・ツールなどを細かく記す必要があります。

履歴書やあなたの発言に矛盾が生じた場合、信頼が失われ不合格となる可能性が極めて高くなります。

面接官はこれらの資料を手元に置いた状態で面接を行い、あなたの発言との整合性もチェックしています。自信がない事や問われて困る内容は書かないように注意して下さい。

 

2-4. 人事に受ける内容とは?

いわゆる、PDCAサイクルを回せる人材は採用されやすい傾向にあります。PDCAサイクルとは「何を目的に、何を実行した結果、どのような課題が見つかり、どんな行動に移したか」です。

これを意識してPRを行うと自分で考えて行動に移せる人材である事をアピールできる上に、論理的な文章が作りやすいのでぜひ意識してみてください。

 

2-5. 活かせるスキル、経験には何を書けばいい?

応募している業界や職種で必要とされるであろうPCスキルや語学力、ビジネススキルを記載しましょう。

企業や職種の理解が必要になるため、企業研究と併せて考える事をおすすめします。

 

2-6. 志望動機欄がある場合は何を書けばいい?

職務経歴書においては原則不要です。面接の中で必ず伝える項目だと考えてください。

業界の志望理由→企業の志望理由→応募職種の志望理由という順番で伝えると、論理的かつ説得力のある志望動機になります。

第二新卒と中途採用の違いについて解説!有効な活用法も紹介

最近、新卒採用も中途採用市場も、どちらも超売り手市場になっており、多くの企業が中途採用だけでなく第二新卒にも注目しています。

ところで、第二新卒と中途採用の違いについて詳しくご存じでしょうか?

定義づけは難しい部分もありますが、若手の中途採用者と第二新卒の違いを掘り下げて解説します。

【転職体験談】30歳未経験からBIG4へ転職成功!4か月の徹底した面接対策で合格率100%を達成

コンサル未経験から第一志望のBIG4に入社された女性の転職体験談です。

大手サービス関連企業で広報を担当されていましたが、職務内容とご自身がビジネスマンとして社会に提供したい価値の間にギャップがあることに気づき、転職を決意されました。

今、転職を迷われている方は是非参考にしてください。

《第二新卒向け》コンサルファームからの内定獲得の戦略ガイド

近年、コンサルタント業界は転職市場で注目を集めており、特に若手、とりわけ第二新卒の採用が盛んになっています。

人気の理由としては、コンサルファームの拡大と、それに伴うプロジェクトの増加が挙げられます。

このような高い需要の中、各コンサルファームは採用を強化しています。

当社では、第二新卒者向けのコンサルファーム転職支援にも力を入れています。

特に、未経験からコンサルタント業界への転職を考えている方々には、是非参考にしていただければと思います。

転職エージェントを効果的に利用する方法 メリットを最大限に引き出すコツ

転職活動をスタートさせる際に、多くの人が考えるのが「転職エージェントをどのように活用すればいいのか?」や「他のサービスとの違いは何か?」という点です。

この記事では、転職エージェントの特長や利点、サービスのステップと、賢く活用するためのポイントについて説明します。

BACK