転職の最終面接の通過率は高い?一次・二次面接との違いや、内定を勝ち取るための鍵 - ハニカム・キャリア G-111D3FR1WS

Columnお役立ちコラム

転職の最終面接の通過率は高い?一次・二次面接との違いや、内定を勝ち取るための鍵

書類選考と面接を乗り越え、ついに最終面接までたどり着いたなら、転職活動もいよいよクライマックスです。

最終面接は、通過率が一次や二次面接よりも高いと思われがちで、内定が確定していると考える人もいます。

しかし、実際には最終面接で不採用になることもあります。

内定を勝ち取るためには、最終面接までの十分な対策が欠かせません。

今回は、一次・二次面接と最終面接の違いや、最終面接でのよくあるパターン、採用率を上げるための対策について解説します。

また、最終面接で頻出の質問とその解答例も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

最終面接での不採用者は意外と多い

最終面接は入社前の顔合わせのように思われがちですが、実際にはここで不採用になる人が案外多いのです。

最終面接は雑談のようなものと捉えられがちで、「ここまでくれば内定はもらえるだろう」「内容は条件確認や役員との顔合わせぐらいだろう」と楽観的になる方が多くいます。

しかし、これは大きな誤解です。

最終決定を社長や役員に委ねる企業もあり、一次や二次面接で高い評価を受けたとしても、最終面接での評価が不十分であれば、内定はもらえません。

最終面接には独自の対策が必要なのです。

最終面接と一次・二次面接の違い

最終面接で留意すべきポイントについて、一次と二次面接との比較を通じて解説します。

一次・二次面接のポイント

一次や二次の中途採用面接の面接官は、採用予定の部署の担当者や人事担当者が一般的です。

主に見られるのは、履歴書に書かれた経験やスキル、志望動機などです。

これらが評価されることで、一次や二次面接を通過した応募者は、現場のお墨付きを得たと考えても良いでしょう。

最終面接のポイント

最終面接では、「人間力」が鍵となります。

社長や役員といった経営陣が時間を割いて直接面接を行い、応募者の仕事に対する意欲やコミュニケーション能力など様々な要素をチェックし、採用すべきかどうかを判断します。

ここで重要なのは、応募者のビジョンです。

ビジョンとは、将来の目標や理想、やりたい業務などを指します。

将来のビジョンが企業の方針と一致しているかどうかを確認し、適合性を判断します。

面接では、ビジネスマナーも重要です。

社長や役員が面接官の場合、礼儀やマナーに厳しい方もいます。

ビジネスパーソンとしてのマナーが欠けていると、社会人として不適切と見なされることもあります。

基本的なマナーを身につけ、礼儀正しく面接に臨むことが大切です。

転職時の最終面接のパターン

最終面接の様式は大まかに「通常の面接タイプ」と「雑談タイプ」の2つに分かれます。

それぞれの質問の特徴や意図について見ていきましょう。

通常の面接タイプ

一次、二次面接と同じ質問形式の面接です。

採用予定部署の担当者や人事担当者に答えた自己紹介や志望動機と同じ内容を、あらためて答えさせるケースもあります。

また、あえて難しい質問や厳しい問いかけを行い、応募者の人間性を試すこともあります。

こうした事態を予測し、自身の回答に突っ込まれた場合の対策が必要です。

冷静に考えを表現できれば、「柔軟な対応が可能である」という印象を与え、人間性の評価が向上するでしょう。

最終面接官が社長や役員である場合、限られた時間しか取れないことがありますので、回答は端的かつ分かりやすく心がけましょう。

雑談タイプ

もう一方の面接スタイルは雑談タイプです。

これは面接官がおしゃべり好きな場合によく見られます。

面接官は雑談を通じて応募者の本音や性格を探ろうとします。

雑談タイプの場合、自身の発言だけでなく、面接官の話を注意深く聞くことも評価の対象となります。

面接官が話している際も、自分の評価が行われていることを念頭においておきましょう。

留意すべき点は、面接官の話に否定的な反応を示さないことです。

共感し、肯定的な態度を崩さずに話を進めることで、円滑な対話が生まれます。

雑談タイプの面接では、場の雰囲気が和やかになりやすいため、リラックスしすぎないように注意が必要です。

最後まで面接にふさわしい、礼儀正しい態度を維持することが大切です。

最終面接で採用率を高めるポイント

最終面接を突破し、採用を勝ち取るためには、経営層の評価を向上させることが不可欠です。

そのために以下のポイントを押さえましょう。

これまでの面接を振り返る

最終面接の前に、これまでの一次・二次面接の内容を振り返ることが大切です。

最終面接でも志望動機や自身の強み・弱みについて質問される可能性があります。

これまでうまく答えきれなかった質問がある場合は、事前にその対策を練っておくと、最終面接でスムーズに対応できるでしょう。

また、一次・二次・最終面接ともに話の内容に一貫性を持たせることも重要です。

入念な企業研究

最終面接では、役員や社長が面接官となることが多くなります。

そのため、経営や事業活動に関する深い質問が出ることも考えられます。

最終面接の前には、企業研究を入念に行うことが必要です。

コーポレートサイトやIR情報、社長のメッセージなどを熟読し、応募先の事業構造や経営戦略、社風、マーケットの動向などを理解しておきましょう。

個人での企業研究が難しい場合は、転職エージェントなどの専門家に相談し、アドバイスを受けることでより自信をもって選考に臨めます。

ビジネスマナーを再確認する

最終面接では、社長や役員がこれまで多くの応募者を対応してきた経験から、身だしなみや態度などのビジネスマナーに対して厳格な目が向けられることが考えられます。

最終面接の前に、ビジネスマナーの基本を再確認し、良い印象を残すよう心がけることが非常に重要です。

入室時の流れや椅子の座り方、正しい敬語の使用、スーツの着こなし、髪型などを丁寧に確認しましょう。

逆質問には必ず答える

面接の最後に、「何か質問はありますか?」という逆質問がされることがあります。

これを「逆質問」と呼びます。

逆質問は合否の重要な要素の一つです。

「いえ、特にありません」「大丈夫です」といった回答では、内定獲得が難しいでしょう。

逆質問に備え、事前にいくつかの質問内容を用意しておくことが重要です。

ただし、最終面接での逆質問には慎重さが求められます。

経営層に対しては「現場の詳細」や「人事制度」「給与」などの質問は避けるべきです。

これらの事柄は一次や二次面接で担当者に尋ねるべきものであり、最終面接では経営層にしか問えない質問を心掛けましょう。

たとえば、「経営陣の視点から見た会社の魅力」「入社後に重要なスキル」「どのような資質を持つ社員が成功するのか」など、既に自分がその会社で働くイメージを持っていることを示す内容を用意しておくと良いでしょう。

志望動機を明確にする

経営層は社員が愛社精神をもっているかどうかを気にします。

最終面接でも志望動機が問われることがあります。

その際には、会社への深い思いや仕事への熱意を直接アピールすることが重要です。

たとえば、「貴社は◯◯という戦略を掲げ、他社に先駆けた積極的な販売展開を行っています。その点において、貴社固有の◯◯という魅力に強く共感しています。」など、企業の強みや特徴を交えながらアピールします。

経営陣に「本当にこの会社で働きたいのか?」や「入社後も積極的に働いてくれるのか?」といった不安を解消するために、自身の経験やスキルを入社後どのように発揮したいかを考え、「この会社以外考えられない理由」を簡潔に伝えられるよう準備しておきましょう。

最終面接でよくある質問と回答例

最終面接では、これまでの総括的な質問をされることが一般的です。

事前に質問内容を予測し、適切な回答を考えておくことが重要です。

このセクションでは、最終面接でよく見られる質問とその回答例を紹介します。

【質問1】志望動機を教えてください

志望動機は初期の面接で既に問われたことがあるかもしれませんが、最終面接でも確認されることが一般的です。

特に最終面接では、役員クラス以上がインタビュアーとなることがあり、「事業にどのようなプラスをもたらせるのか」「自社を深く理解しているか」などの側面が重視されます。

単なる自己の欲望を述べるだけでなく、企業にとっての採用メリットが伝わるような回答を心掛けましょう。

また、他社を引き合いに出す場合には、批判的にならないように留意することが重要です。

<回答例>

貴社が掲げる「システムで世の中を便利に」というビジョンに共感し、収益性だけでなく社会的な側面にも注力されていることに惹かれました。

私はこれまでのアプリケーションエンジニアとしての経験で、「ユーザビリティ向上」「納品先の利便性向上」に焦点を当て、UI/UXの設計において配慮を重ねてまいりました。

これからも貴社での活動を通じて、細部にまで気を配ったアプリケーションの開発に貢献し、世の中をより快適にすると同時に、貴社のブランド価値向上に寄与したいと考えています。

【質問2】ご自身の強みを教えてください

最終面接でも、これまでのように自身の強みが問われることがあります。

具体的な実績や数値的な成果、受賞歴などを挙げ、スキルをアピールすることが重要です。

ただし、最終面接では面接官が経営陣であることが一般的であり、それに伴い「経営者視点」での評価も行われるかもしれません。

したがって、自身の強みを伝える際には、「経営やビジネスの側面からどのような好影響をもたらせるのか」という視点を念頭におくことが肝要です。

<回答例>

私の強みは、信頼関係の構築力にあります。

前職では精密部品の営業を担当し、休眠顧客の掘り起こしに成功しました。

ある担当クライアントでは、休眠顧客に対してメールや個別訪問を通じて信頼関係を築き上げ、3年間で顧客内シェアを40%引き上げました。

御社に入社後は、新規事業において新規開拓メインの営業職を任せていただきます。

私の強みである信頼構築力を存分に発揮し、業界シェアのスピーディな拡大に貢献したい所存です。

【質問3】入社後のキャリアビジョンを伺えますか

最終面接では、入社目前ということもあり、企業側から「採用したら中長期的に活躍できそうな人材か」をチェックされることもあります。

入社直後だけでなく、3年後や5年後のキャリアビジョンまで見据えていると、企業から活躍のイメージを持ってもらいやすいでしょう。

入社後のキャリアビジョンを聞かれた際には、入社後に手がけたい仕事や役割、なりたい姿などを時間軸でわけ、具体的に伝えることが大切です。

<回答例>

経理職として入社後、まずは月次決算・年次決算などの任された役割を確実に遂行したいと考えています。

3年後には財務業務に挑戦し、連結決算や決算短信、有価証券報告書の作成などのスキルを磨きたいです。

そして、5年後には経理・財務部門のリーダーとして、組織の効率化と能力向上に貢献したいと考えています。

現在は簿記1級の取得を目指しており、常に上昇志向を持っています。

御社でスキルを磨き、不可欠な存在となりたいです。

【質問4】現在の選考状況をお聞かせください

最終面接は入社間近ということもあり、他社での選考状況・内定の獲得状況を聞かれることもあります。

他社で選考が進んでいるということは、市場価値の高さを示すための証拠にもなるので、素直に伝えて問題ありません。

しかし、具体的な社名まで明かす必要はないので、選考の進んでいる企業の数や業界を伝えるにとどめましょう。

また、面接官側の意図としては、応募者に他社の選考状況について質問することで、志望意欲の強さを確かめようとしています。

そのため、「御社に対する志望度が高い」「○○な点で御社に強く魅力を感じている」のように志望度の高さを伝えることも大切です。

後々トラブルにならないよう、あくまで嘘のない範囲で伝えましょう。

<回答例>

現在、Webデザイナーとしてのスキルを生かして広告制作会社への転職活動を進めています。

3社の選考が進行中で、そのうち1社は書類面接を通過し、残り2社は二次面接の結果待ちです。

私自身は、なかでも御社の「ユーザー第一主義」に共感し、一員として働きたいと強く感じています。

【質問5】最後に何か質問はありますか

最終面接では、面接官から逆質問をされるケースも珍しくありません。

面接官が逆質問をする背景には、「応募者の自社に対する興味・関心度合いを確かめたい」という意図があります。

深みのある逆質問で会社に対する理解度・関心の高さが伝われば、面接官にも「入社意欲が強い人材」として好印象を持ってもらいやすいでしょう。

逆にホームページや求人に書いてあるような内容を質問してしまうと、企業理解の浅さが伝わり、評価が下がる可能性もあります。

事前にコーポレートサイトやIR情報などで企業のことを正しく理解したうえで、社内の人間だからこそ答えられるような質問を投げかけるよう心がけましょう。

最終面接に関するQ&A

最終面接にまつわる疑問は、事前に解消して当日を安心して迎えることが大切です。

そこで、このセクションでは、転職の最終面接に関する疑問とその回答をQ&A形式で解説します。

【Q1】最終面接は“ほぼ合格”って本当?

【A】最終面接は、一次・二次面接に比べて合格率が高い傾向がありますが、「ほぼ合格」とまでは言えません。

企業によって合格の基準は異なり、価値観の不一致や他の応募者に劣ると感じられる場合、不合格になる可能性もあります。

ですから、「ほぼ合格」と決めつけず、慎重に選考対策をし、当日を迎えることが重要です。

【Q2】最終面接で合格のサインはある?

【A】絶対的な合格のサインは存在しませんが、面接官の態度や言動から合格の可能性を読み取ることはできます。

例えば、「ぜひ当社で活躍してほしい」といった言葉や握手、入社時期に関する質問がある場合、面接官の採用意欲が高いと考えられます。

ただし、過度な期待をせずに選考に臨むことが大切です。

【Q3】最終面接の合否連絡はいつごろ来る?

【A】最終面接の結果に関する連絡は企業によって異なります。

早い場合は翌日にメールや電話で、遅い場合は1週間~10日後に郵送で通知されることもあります。

企業の都合や担当者のスケジュールによっても連絡時期は変わるため、落ち着いて結果を待つようにしましょう。

最終面接は自信をもって臨もう

最終面接を突破するためには、企業の方針に合わせた志望動機やビジョン、自己PRを誠実に伝えることが必要です。

また、一次、二次面接で述べた内容との整合性を考慮することも大切です。

最終面接まで進んだことは、前段階での評価があることを示します。

自信を持って臨みましょう。

最終面接に自信を持つためには、転職エージェントを活用して面接の練習を積んでおくことも効果的です。

コンサルタントに相談することで、自己PRのポイントや受け答えのフローを把握し、安心して面接当日を迎えることができます。

関連記事はコチラ!

コンサルtoコンサル転職が人気の理由とは?

「コンサル経験を活かして、さらなる年収アップを目指したい!」

「コンサルの仕事は好きだけど、今の会社には不満がある…。」

こうした悩みや希望を持つコンサルタントの方々からよく相談を受けます。

ご本人が「事業会社に転職しようかな」と考えていても、詳しく話を聞いてみると、意外にも他のコンサルティングファームが転職先としてフィットしている場合が多いのです。

ここでは、コンサルタントが別のコンサルファームに移籍する転職を「コンサルtoコンサル転職」と呼びます。

実は、このコンサルtoコンサル転職には、コンサルタントのキャリアならではの多くの魅力的なメリットがあり、非常に人気の高い転職パターンの一つです。

本コラムでは、コンサルtoコンサル転職のメリット、パターン、そして注意点についてご紹介します。

戦略コンサルに合格する志望動機の書き方【押さえるべき3つの視点】

今回の記事では、戦略コンサルタントに合格するための志望動機書の書き方を解説します。

志望動機書の作成において、特に重要なのはロジック、ストーリー、そしてユニークネスの3つの視点です。

実際に弊社で戦略コンサルに内定した方の事例を交えながら、具体的にご紹介していきます。

第二新卒と中途採用の違いについて解説!有効な活用法も紹介

最近、新卒採用も中途採用市場も、どちらも超売り手市場になっており、多くの企業が中途採用だけでなく第二新卒にも注目しています。

ところで、第二新卒と中途採用の違いについて詳しくご存じでしょうか?

定義づけは難しい部分もありますが、若手の中途採用者と第二新卒の違いを掘り下げて解説します。

【転職体験談】30歳未経験からBIG4へ転職成功!4か月の徹底した面接対策で合格率100%を達成

コンサル未経験から第一志望のBIG4に入社された女性の転職体験談です。

大手サービス関連企業で広報を担当されていましたが、職務内容とご自身がビジネスマンとして社会に提供したい価値の間にギャップがあることに気づき、転職を決意されました。

今、転職を迷われている方は是非参考にしてください。

BACK