転職の面接解説!前日まで・当日にすべきことをまとめてご紹介 - ハニカム・キャリア G-111D3FR1WS

Columnお役立ちコラム

転職の面接解説!前日まで・当日にすべきことをまとめてご紹介

転職の面接は、自分をアピールする機会であるだけでなく、企業との相性を確認する大切な機会でもあります。

しかし、成功にかけてのプレッシャーから、必要以上に緊張し過ぎてしまい、「伝えたいことの半分も伝えられなかった」「質問したいことを見落としてしまった」「会社の雰囲気をじっくり見る時間がなかった」といった経験がある方もいらっしゃるかもしれません。

事前に何度も面接のシーンを思い浮かべて、十分な準備をすることで、余裕を持って本来の力を発揮できるはずです。

以下では、転職の面接を予定されている方に向けて、面接までの段階と当日の準備、重要なポイントについて説明します。

■ 書類選考を通過後、面接の前日までの準備

書類選考をパスしたら、直ちに面接の準備を始めましょう。

最初に、面接の前日までに行うべき準備事項を紹介します。

面接の日程と場所を確認する

書類選考を通過すると、企業または転職エージェントから連絡があり、面接の日程調整が行われます。

面接日が確定したら、必ず「日にち」「時間」「場所」について確認を取り、双方の認識に誤りがないことを確認しましょう。

特に、電話での通知の場合、情報を復唱し、手帳やメモ、スマートフォンなどの電子デバイスに記録しておくことをお勧めします。

メールの場合、企業からの指示を反映した返信を行い、「◯月◯日、×時に貴社5階受付にお伺いします」といった形で、確認のしやすい内容を送信しておくと安心です。

当日に必要な持ち物を確認する

忘れ物をしてしまうことで心の余裕が奪われ、緊張や不安が強まってしまいます。

自信を持って面接に臨むために、面接前日までに時間を確保し、必要な持ち物を確認して、バッグに詰めておくことが望ましいです。

面接当日に持参すべき物を以下に示します。

・企業から指示された持ち物

企業が指定する持ち物は、何よりも優先的に用意しましょう。

よく指定されるものには、印鑑や身分証明証、筆記具、職種に応じてこれまでの実績を示すポートフォリオなどがあります。

・職務経歴書と履歴書のコピー

面接では、提出済みの書類に関する質問が頻繁に出ます。

職務経歴書と履歴書のコピーを持参し、面接前に内容を振り返ることをお勧めします。

・A4サイズのファイル・バッグ

面接当日に携帯する書類を整理するためだけでなく、企業から提供される資料やパンフレットを受け取るのにもファイルやバッグは便利です。

・求人情報や企業の情報のコピー

求人情報や企業情報のコピーも持参しておくと、簡単に内容を確認できるため便利です。

スマートフォンで確認できるかもしれませんが、紙ベースの資料のほうが印象に残りやすいでしょう。

・筆記具、手帳、メモ帳

急な書き込みや、企業からの質問やアンケートのご回答に備えて、筆記具を持参しましょう。

面接後、次回面接の日程を調整することがあるかもしれませんので、手帳うあメモ帳も用意しておくと安心です。

面接時の服装を選ぶ

面接当日に服装を慌てないために、事前に服装を選定しておきましょう。

転職活動において、就職活動時のスーツのような定番の格好が決まっているわけではありません。

基本的な服装選びは以下のポイントに注意しましょう。

・清潔感がある

・ビジネスシーンにふさわしい

・明るい印象を与える

・過度に派手でない

面接の流れを理解しておく

当日、面接の流れを予め想定しておくことで、リラックスして対応できるでしょう。

一般的な面接の進行は、以下の通りです。

<一般的な面接の進行>

1.部屋に入り、促されるのを待って着席する

2.自己紹介をする

3.現在の職務内容について説明する

4.転職を検討した理由を述べる

5.志望動機を話す

6.面接官から、入社後の職務や労働条件についての説明してもらう

7.逆質問を受け、自身の疑問や詳細を質問する

8.面接官にお礼を伝えて退出する

一般的な質問に対する準備

面接でよく聞かれる質問に対して事前に考え、自分なりの回答を用意することも効果的です。

企業のウェブサイトや情報資料を熟読し、聞かれるかもしれないテーマや質問を洗い出しておきましょう。

■ 当日、面接開始までにすべきこと

面接当日、出発前から面接開始まで、慎重に行動しましょう。

これにより、心にゆとりと自信が生まれ、面接を成功へと導けます。

自宅を出る前の詳細なチェック

緊張や不安を軽減するために、心の余裕が大切です。

そのためにも、以下の点を入念に確認しましょう。

・適切な服装と髪型

・必要なものを忘れていないかの再確認

・面接会場までの経路の確認

受付時に好印象を残す

面接を受ける会社に到着後、面接室に入る前でも、コミュニケーションとマナーが見られています。

受付からはっきりとした対応を心がけ、採用担当者だけでなく企業にも好印象を残しましょう。

入室時のエチケットを確認

面接室に到着し、自分の順番が来るまでに、入室時のエチケットを再確認しましょう。

名前が呼ばれたら、相手にはっきりと返事をし、ドアを3回ノックして入室許可を待ちます。

ドアを開けたら、丁寧なお辞儀を忘れずに。

「謙虚で自信を持った態度」を心がけましょう。

よく聞かれる質問に備える

面接前に最も気になることの一つは、面接官とのやりとりです。

多くの人が「どのような質問が出るのか」「適切に答えられるだろうか」と不安に感じることでしょう。

これらの不安や緊張を和らげるために、事前に想定される質問に対する答えを用意し、何度か練習しておくことが効果的です。

以下に、よく聞かれる質問の例を挙げてみましょう。

・自己紹介をお願いします

面接官は、最初に応募者の名前を確認し、提出された文書の情報に誤りがないか確認することが一般的です。

そのため、名前の確認と一緒に自己紹介または自己PRを求められることがよくあります。

・現在の職場を選んだ理由と、転職を考えるきっかけは何ですか?

現在の仕事を志望した理由について簡潔に語り、転職を検討する要因について、明確な説明をします。

不満や問題点がある場合でも、採用担当者に悪印象を与えないように注意が必要です。

現職に関しての不満を伝える際は、過度な悪い表現を避けつつ、正直に語ります。

・当社を志望した理由は何ですか?

せっかく内定を出した人材が最終的に他社を選んだり、入社後すぐに離職してしまったりするのは、企業にとって最も避けたい事態。

そのため、応募者の本気度を確かめる質問も定番です。

自分の転職先選びの軸を伝えつつ、競合他社にはない応募企業の魅力について話しましょう。

志望先や業界をどれだけ研究しているかがわかる質問でもあるので、きちんと下調べした上で回答をまとめることをおすすめします。

・当社で活かせる経験は?

基本的に、中途採用は即戦力としての活躍が期待されます。

以前の仕事で得た経験やスキルから、応募職種や企業文化に適したものを選び、具体的な業績や実績を端的に伝えます。

入社後の活躍を想像してもらえるよう、具体的な表現を心がけましょう。

・キャリアプラン、自身の強み、弱みなどについて教えてください。

将来の目標や、これまでの仕事での成功体験・失敗体験、自覚している強みと弱みについて聞かれることが多いです。

自分自身のキャリアを深く理解し、長期間にわたり成功するために、キャリアの振り返りを行うことをお勧めします。

・面接官への質問はありますか?

逆質問と呼ばれるこの質問は、面接の最後によく出されます。

これに対して「何もありません」と答えるのは望ましくありません。

入社への熱意を示す絶好の機会と捉えて、企業の部署やビジョン、戦略などに関する質問を、企業研究の成果をぶつけるつもりで数多く用意しておくことが良いでしょう。

■ 面接について、よくある疑問

続いて、よくある面接前後の疑問にお答えします。

面接の前後でのメールのやりとりで好印象を残すには、どうすればいいでしょうか?

現代では、応募企業とのコミュニケーションは主にメールで行われます。

長すぎる文章や冗長な表現は避け、ビジネスメールのマナーに従った、礼儀正しく簡潔な文章を書くことが大切です。

以下に、注意すべきポイントを示します:

・メールを受け取ったら24時間以内に返信する。

・適切な改行や段落を使用して、文章が読みやすいようにする。

・正しい敬語を用いる。

・メールには、「宛先」「挨拶と自己紹介」「本文」「締めの言葉」「署名」を含める。

・メールの件名に、内容を端的に伝える文言と、差出人の名前を入れる。

面接後、お礼メールを送るべきですか?

面接後のお礼メールは、合否に大きな影響を与えることはほとんどありません。

そのため、送らなくても問題ありません。

ただし、お礼メールを送りたい場合、合格を願うような文章を避け、面接の機会を提供してくれたことに感謝の気持ちを表現しましょう。

2週間以上経っても結果の連絡が来ない場合、どうすればよいですか?

通常、合否の通知は面接から約2週間以内に届くはずです。

2週間以上経過しても連絡がない場合、担当者に電話やメールで問い合わせても構いません。

この問い合わせが採用結果に悪影響を及ぼすことはほとんどありません。

自身の転職活動を進めるためにも、遠慮せずに確認しましょう。

まとめ

以上が転職活動における面接のポイントです。

面接は第一印象が悪いと大変不利になります。

それゆえなるべく緊張しないよう、面接には心を整えてから臨むと良いでしょう。

心に余裕があれば、面接官からの質問にも適切に対処出来るようになります。

そのために、今回の記事が参考になりましたら幸いです。

関連記事はコチラ!

面接で勝ち抜く秘訣!選考通過の鍵となる企業研究のポイント
【面接で必ず聞かれる5つの質問】

【転職体験談】30歳未経験からBIG4へ転職成功!4か月の徹底した面接対策で合格率100%を達成

コンサル未経験から第一志望のBIG4に入社された女性の転職体験談です。

大手サービス関連企業で広報を担当されていましたが、職務内容とご自身がビジネスマンとして社会に提供したい価値の間にギャップがあることに気づき、転職を決意されました。

今、転職を迷われている方は是非参考にしてください。

《第二新卒向け》コンサルファームからの内定獲得の戦略ガイド

近年、コンサルタント業界は転職市場で注目を集めており、特に若手、とりわけ第二新卒の採用が盛んになっています。

人気の理由としては、コンサルファームの拡大と、それに伴うプロジェクトの増加が挙げられます。

このような高い需要の中、各コンサルファームは採用を強化しています。

当社では、第二新卒者向けのコンサルファーム転職支援にも力を入れています。

特に、未経験からコンサルタント業界への転職を考えている方々には、是非参考にしていただければと思います。

転職エージェントを効果的に利用する方法 メリットを最大限に引き出すコツ

転職活動をスタートさせる際に、多くの人が考えるのが「転職エージェントをどのように活用すればいいのか?」や「他のサービスとの違いは何か?」という点です。

この記事では、転職エージェントの特長や利点、サービスのステップと、賢く活用するためのポイントについて説明します。

5つの鉄則:30代の転職

30代は人生の転機として、多くの方が転職を検討する時期です。

ここでは、30代の転職を成功に導くためのポイントを簡潔にご紹介します。

転職には不確実性がつきものです。

特に初めての転職や異業種への転職活動の際は、転職までのプロセスやコツが分かりづらく、不安を感じることもあるでしょう。

この記事をご覧頂き、新たな一歩を踏み出す手助けにして頂ければ幸いです。

BACK