面接で勝ち抜く秘訣!選考通過の鍵となる企業研究のポイント - ハニカム・キャリア G-111D3FR1WS

Columnお役立ちコラム

面接で勝ち抜く秘訣!選考通過の鍵となる企業研究のポイント

転職活動における面接は、コミュニケーション能力や印象のほかに、採用担当者が候補者の業務理解度や志望度を直接確かめる場でもあります。

また、求職者にとっては、書類だけでは伝えきれない情熱や自己表現の場でもあります。

やり直しのきかない面接では、少しでも採用担当者に自分を強く印象付けたいもの。

しかし、面接の事前準備を怠ると、質問に対する答えが平凡で個性を感じさせなくなり、面接のチャンスを逃すことになりかねません。

面接の前に、充分な企業調査を行って、企業の価値観、文化、求める人物像などを自分の経験やスキルに結びつけましょう。

これにより、面接での回答に独自性と説得力を加え、採用担当者に強烈な印象を与えることができます。

複数の企業と面接を行う場合、1社の企業調査にかけられる時間も限られるため、重要なポイントを押さえて効率的に進めることが大切です。

この記事では、面接前の企業調査で特に重要なポイントと、それに基づいて対策できる一般的な採用担当者からの質問について紹介します。

面接の準備に役立ててください。

■事業内容と強みを把握する

企業研究の基本的な要素です。

対象企業がどのようなサービスや製品を提供し、どのように利益を上げているのかを理解しましょう。

また、その企業だけでなく、その業界全体の状況も把握しましょう。

競合他社との比較や、その企業が業界内でどの位置にあるかを客観的に把握することが重要です。

これらの情報は、企業の公式ホームページ、求人情報サイト、新聞記事、書籍などから収集できます。

可能であれば、その企業や同業他社の製品やサービスを実際に利用し、顧客としての視点から、その強みや印象を把握しておくと良いでしょう。

・ 対策できる質問

「多くの同業他社からなぜ当社を選んだのですか?」

競合の多い業界での転職活動において、特によく聞かれる質問です。

単なる好みや直感的な理由ではなく、業界全体に共通する基本的なサービスはもちろん、他社との比較に基づいた強みなどを挙げて、論理的かつ説得力のある回答を心がけましょう。

・ 回答の例

日本国内だけでなく東南アジア市場にも販路拡大に成功している点に魅力を感じ、他の競合他社ではなく御社を志望しています。

特に御社の▲▲を実際に使用し、その中で〇〇な点が、東南アジア以外の地域でも需要がありそうだと感じました。

今後ますます重要視されるであろう海外展開において、私の■■の経験を活かし、御社で是非働きたいと考えております。

■風土やカルチャーを理解する

企業がどのような価値観を重視し、どのような方針を掲げているかを把握しましょう。

また、成功している社員の特徴や入社後のキャリアパス、企業固有の評価基準や制度を知ることは、自身がその企業でのキャリアプランを描く際の手がかりともなります。

自分が求められる人物像を具体的に想像しながら、これまでの経験を活かすポイントを考えましょう。

風土やカルチャーについては、主に企業の公式ホームページで情報を入手できます。

さらに、企業SNSや、社員によるコラム・書籍、ウェブ上のインタビュー記事なども参考になります。

企業全体の情報だけでなく、実際に働いている社員の個人的な視点から情報を収集することを心がけましょう。

・対策できる質問

「仕事をする上で最も重要だと考えている価値観は何ですか?」

企業が求める人物像やポリシーに合致する内容を選びつつ、ありふれた回答ではなく、自身の経験等から学んだことを根拠として述べましょう。

また、その価値観を日常の業務にどのように反映させているか、それがどのように成果に結びついているかを具体的に説明することで、説得力のある回答となります。

・回答の例

私は常に相手の期待値を超えることを心掛けています。

新卒時代、私は課された仕事を確実にこなすことが大切だと考えていましたが、御社がポリシーとしている「▲▲▲」をまさに体現している上司の指導を受けてからは、良好な関係を築くために相手の期待を上回ることが不可欠だと認識しました。

そのため、仕事の品質やレスポンスの速さを意識して業務に取り組んでいます。

■過去、現在、未来を押さえる

企業の「過去」については、その経歴やこれまでの事業活動を調査します。

「現在」には企業の現在の規模や経営陣の情報、IR(投資家向け情報)などが含まれます。

しかし、最も重要なのは「未来」に関する情報です。

企業の今後の事業展望やビジョンを確認しましょう。

企業の方向性と、自分の職務やスキル向上の目標が噛み合っているほうが、採用担当者へのアピールにもつながるほか、入社後の価値観のズレを防ぎ自分自身の転職活動の成功にもつながります。

企業の事業展望やビジョンについては、主に公式ホームページで調査できます。

さらに、社長のインタビュー記事や企業の発表情報も参考になります。企業の過去の経歴を理解することも大切ですが、今後の方向性を理解しておくと、面接の際に有利になります。

・対策できる質問

「入社後、どのような貢献をしたいと考えていますか?」

企業の事業展望やビジョンを考慮しながら、具体的な目標について述べましょう。

自分が入社した後のことをいかに具体的にイメージしているかを伝えられると、採用担当者に熱意が伝わります。

・ 回答の例

20代のうちに幅広いスキルを習得し、フルスタックエンジニアとして成長して、御社のサービス拡大に貢献したいと考えています。

御社のビジョンである『▲▲を△△年で達成する』という目標に向けて、経営スキルも向上させながら、チームをリードしていくことを目指しています。

・対策できる質問

「あなたの採用によって企業にどのようなメリットが生まれますか?」

企業が求める価値や成果に対して、自分がどのように貢献できるかを根拠としてアピールしましょう。

具体的な貢献ポイントを伝えることで、採用担当者が入社後のあなたの活躍を具体的にイメージしやすくなります。

漠然とした要因ではなく、自分が目指すものや見据える先が企業と一致していることを強調しましょう。

・回答の例

前職ではコーディネーターとして、多くのお客様に対して提案を行い、高品質な対応してきました。

今回の営業職への転職においても、異なる職種であるとは言え、お客様のニーズを深く理解し、御社のホスピタリティを実現するための経験とスキルを持っています。

お客様への高品質な対応を通じて、御社のビジョンである『生涯使えるサービス』の実現に貢献できると自負しています。

■まとめ

面接に向けた企業研究で特に注視すべきポイントと、それにより対応できる一般的な質問について紹介しました。

事前の徹底的な企業調査によって、面接本番での回答が個性的かつ説得力のあるものになります。

以前、某人材会社が企業の面接官を対象に実施した調査によれば、面接を受けに来た人が準備不足だと感じる点について、40%以上の採用担当者が「企業への理解が不足していた」と回答しました。

不十分な企業研究は、志願者が「選考への熱意がない」と受け取られ、選考不合格につながるかもしれません。

面接の場では、どの企業に対しても通用する平凡な回答ではなく、その企業を理解したからこそできる受け答えを、熱意をもって話すことが大切です。

また、企業情報の収集において、転職エージェントのサポートも活用してみてください。

転職エージェントの企業担当者は日々、最新情報をキャッチアップし、業界の最新動向や求められている人物像など、公式情報以外の情報も持っています。

情報収集の方法としても、ぜひ転職エージェントをご利用いただければと思います。

関連記事はコチラ!

【面接で必ず聞かれる5つの質問】

転職者必見!面接時に覚えておくべき必須事項5つ

コンサルtoコンサル転職が人気の理由とは?

「コンサル経験を活かして、さらなる年収アップを目指したい!」

「コンサルの仕事は好きだけど、今の会社には不満がある…。」

こうした悩みや希望を持つコンサルタントの方々からよく相談を受けます。

ご本人が「事業会社に転職しようかな」と考えていても、詳しく話を聞いてみると、意外にも他のコンサルティングファームが転職先としてフィットしている場合が多いのです。

ここでは、コンサルタントが別のコンサルファームに移籍する転職を「コンサルtoコンサル転職」と呼びます。

実は、このコンサルtoコンサル転職には、コンサルタントのキャリアならではの多くの魅力的なメリットがあり、非常に人気の高い転職パターンの一つです。

本コラムでは、コンサルtoコンサル転職のメリット、パターン、そして注意点についてご紹介します。

戦略コンサルに合格する志望動機の書き方【押さえるべき3つの視点】

今回の記事では、戦略コンサルタントに合格するための志望動機書の書き方を解説します。

志望動機書の作成において、特に重要なのはロジック、ストーリー、そしてユニークネスの3つの視点です。

実際に弊社で戦略コンサルに内定した方の事例を交えながら、具体的にご紹介していきます。

第二新卒と中途採用の違いについて解説!有効な活用法も紹介

最近、新卒採用も中途採用市場も、どちらも超売り手市場になっており、多くの企業が中途採用だけでなく第二新卒にも注目しています。

ところで、第二新卒と中途採用の違いについて詳しくご存じでしょうか?

定義づけは難しい部分もありますが、若手の中途採用者と第二新卒の違いを掘り下げて解説します。

【転職体験談】30歳未経験からBIG4へ転職成功!4か月の徹底した面接対策で合格率100%を達成

コンサル未経験から第一志望のBIG4に入社された女性の転職体験談です。

大手サービス関連企業で広報を担当されていましたが、職務内容とご自身がビジネスマンとして社会に提供したい価値の間にギャップがあることに気づき、転職を決意されました。

今、転職を迷われている方は是非参考にしてください。

BACK