5つの鉄則:30代の転職 - ハニカム・キャリア G-111D3FR1WS

Columnお役立ちコラム

5つの鉄則:30代の転職

30代は人生の転機として、多くの方が転職を検討する時期です。

ここでは、30代の転職を成功に導くためのポイントを簡潔にご紹介します。

転職には不確実性がつきものです。

特に初めての転職や異業種への転職活動の際は、転職までのプロセスやコツが分かりづらく、不安を感じることもあるでしょう。

この記事をご覧頂き、新たな一歩を踏み出す手助けにして頂ければ幸いです。

ポイント1:「目的」を明確に!

1つ目の鉄則は、転職活動の出発点となるステップとして、「転職の目的」を明確にすることです。

転職を考えるということは、現職の給与や仕事内容に何かしら不満があるということでしょう。

しかし、なんとなくイヤだから辞めたいと言うネガティブな理由だけで活動を開始してはいけません。

転職で何を実現したいか?というポジティブな目的を明確にすることが重要です。

「何が不満なのか」「何を解決できないのか」をしっかりと見つめ直し、5年後、10年後のキャリアパスを踏まえ、何を実現したいのか?という積極的な目的を明確にし、明文化することが大切です。

ポイント2:「スケジュール」を確認!

2つ目の鉄則は、計画的な転職活動を行うためにスケジュールを立てることです。

感情的に現職を辞めたくなる気持ちは分かりますが、勇み足はいけません。

いつまでに転職を達成するのか?
中間のマイルストーンをどこに置くか?
細かいタスクをどうのように設定するか?
等々を確実にし、計画性を持って活動することで、冷静に転職を進めることが大切です。

企業の選考プロセスや現職での退職交渉、引継ぎ期間などを考慮すると、転職活動には最低でも3ヶ月~半年、場合によっては1年程度の期間が必要です。

スケジュールを組み客観的に認識することで、冷静な判断や安心感ある推進が可能になり、成功への道が近づきます。

ポイント3:業界理解・業務理解の時間を確保!

3つ目の鉄則は、転職先の「業界」「業務内容」を理解するための情報収集にしっかりと時間を使うことです。

 企業ブランドや給与だけに目を惹かれがちですが、どんなに良い企業・良い条件でも実際の業務が退屈で不適正なものだったら、結局幸せにはなれません。

事前に業界や業務内容をしっかり理解することが、成功の鍵となります。

同業界や同職種についてWEBや書籍でしっかりとリサーチを進め、比較検討しましょう。

LinkedInなどを活用して現役社員の意見を聞くことも有益です。

ポイント4:「転職エージェント」を活用!

4つ目の鉄則は、「1人で活動をしない」こと、アドバイザーを持つことです。

典型的にはキャリアチェンジの専門家たる転職エージェントを活用することです。

エージェントはプロのサポーターであり、様々な面で助けてくれます。

具体的には、「面倒な手続きを代行してもらえる」「最新で正確な情報を得られる」「書類作成のアドバイスをしてもらえる」等が挙げられます。

弊社でもは具体的なキャリアパスの提案や、経営コンサルティング業界に特化した情報を提供するなど、他にはないサポートを提供しています。

なお、転職エージェントにも様々なタイプが存在し、それぞれ相性や適正があります。

セカンドオピニオン・サードオピニオンとして、複数のエージェントとコミュニケーションを取ることも有効でしょう。

ポイント5:内定後も気を抜かない!

最後の鉄則は、内定後にもしっかりと企業研究・業種研究を行うことです。

出来れば、複数の内定を獲得して比較検討すべきです。

内定を獲得すると喜びに満たされややもすると近視眼的になってしまいがちですが、内定後こそ冷静な判断が必要。

口コミサイトやLinkedInを利用して、実際の社員の声やリアルな意見を取り入れ、気を引き締めて諾否の判断を行う事が重要です。

まとめ:30代での転職を成功に導くためのポイント

以上が30代で転職を考える方に贈る、成功に向けた5つの鉄則です。

転職活動は時間と手間がかかりますが、エージェントの活用や計画的な行動により、よりよいキャリアを獲得出来る可能性が高まります。

文章ではよく分からない!という方は、まず転職エージェントに登録して、キャリアカウンセリングを受けることから始めてみましょう。

百聞は一見に如かずと言いますし、転職は一人ひとりに合ったアプローチが必要ですので、転職エージェントとのカウンセリングから始めてみるのがお勧めです。

何事もまずは専門家に聞いてみるのが一番手っ取り早いものです。

30代は誰もが新たな挑戦やキャリアの転換に悩む時期ですが、これらの鉄則を実践することで、転職を成功に導くことができるはずです。

自分自身の未来への投資として、着実な一歩を踏み出しましょう。新たなキャリアでの成功と幸福を心から願っています。

関連記事はコチラ!

コンサルtoコンサル転職が人気の理由とは?

「コンサル経験を活かして、さらなる年収アップを目指したい!」

「コンサルの仕事は好きだけど、今の会社には不満がある…。」

こうした悩みや希望を持つコンサルタントの方々からよく相談を受けます。

ご本人が「事業会社に転職しようかな」と考えていても、詳しく話を聞いてみると、意外にも他のコンサルティングファームが転職先としてフィットしている場合が多いのです。

ここでは、コンサルタントが別のコンサルファームに移籍する転職を「コンサルtoコンサル転職」と呼びます。

実は、このコンサルtoコンサル転職には、コンサルタントのキャリアならではの多くの魅力的なメリットがあり、非常に人気の高い転職パターンの一つです。

本コラムでは、コンサルtoコンサル転職のメリット、パターン、そして注意点についてご紹介します。

戦略コンサルに合格する志望動機の書き方【押さえるべき3つの視点】

今回の記事では、戦略コンサルタントに合格するための志望動機書の書き方を解説します。

志望動機書の作成において、特に重要なのはロジック、ストーリー、そしてユニークネスの3つの視点です。

実際に弊社で戦略コンサルに内定した方の事例を交えながら、具体的にご紹介していきます。

第二新卒と中途採用の違いについて解説!有効な活用法も紹介

最近、新卒採用も中途採用市場も、どちらも超売り手市場になっており、多くの企業が中途採用だけでなく第二新卒にも注目しています。

ところで、第二新卒と中途採用の違いについて詳しくご存じでしょうか?

定義づけは難しい部分もありますが、若手の中途採用者と第二新卒の違いを掘り下げて解説します。

【転職体験談】30歳未経験からBIG4へ転職成功!4か月の徹底した面接対策で合格率100%を達成

コンサル未経験から第一志望のBIG4に入社された女性の転職体験談です。

大手サービス関連企業で広報を担当されていましたが、職務内容とご自身がビジネスマンとして社会に提供したい価値の間にギャップがあることに気づき、転職を決意されました。

今、転職を迷われている方は是非参考にしてください。

BACK