面接の心構え まずはここを押さえよう! - ハニカム・キャリア G-111D3FR1WS

Columnお役立ちコラム

面接の心構え まずはここを押さえよう!

面接の際には様々なことで悩みが出てくるかと思います。

この記事では面接にあたっての「心構え」について解説します。

 

面接に行く際にどういった心持ちで臨めばいいのか

面接に臨む際にどういった心持ちでいれば良いか、悩む方も多いと思います。

面接の事前準備や当日の心構えで特に大事になってくるポイントをいくつかまとめましたので、参考にしてください。

 

事前準備

面接に臨む際には事前準備が重要です。事前準備をしなければ面接官の質問にしっかりと答えられなかったり、緊張して気持ちが落ち着かなかったりと様々な問題が起こります。

具体的には以下の3つ準備を事前にして下さい。

 

面接官の質問を予測

事前に面接官が聞いてくるであろう質問の答えを用意してください。

「なぜこの職種を選ぶのか?」「数ある競合の中からあえてこの会社を選ぶ理由は何なのか?」など、聞かれるであろう質問を事前に調べて、その答えを考えておくことは可能です。

同じ業界・同じ職種の企業では、面接で聞かれる内容も類似していることが多いので、第一志望の会社と同業界・同職種の会社をたくさん受験してみる、という手もあります。

・気持ちを整理しておく

面接の当日までに不安な気持ちがあれば、当日までに整理して下さい。

紙に不安に思っていることを書く、その時の気分にあった音楽を聴くなども気持ちを落ち着かせる有効な方法です。また、深呼吸を3回する、軽く屈伸をするなど、自分にとっての「儀式」を作っておくのも良い方法でしょう。

面接官への質問を考えておく

多くの面接では、最後に質問を聞ける時間をもらえます。質問が出来ないと印象を悪くする可能性もあるので、事前に質問を考えておきましょう。

 

不安を和らげるには

気持ちを整理してきたけど、やっぱり当日になると不安、なんてこともあると思います。様々な方法はあるかと思いますが、お勧めしたいのは自分を客観視することです。一つずつ不安を言語すると不安が和らぎやすいので、おすすめの方法です。

 

第一印象を意識

面接の合否の7割は第一印象で決まってしまうと言われています。

それゆえ、第一印象はある意味で最も大事な要素です。ここをクリアしなければ、どんなに綺麗な志望動機を述べても無意味になってしまうからです。

面接の際には表情に気を配ってみる、身だしなみを確認するなど、当たり前のことですが思っている以上に重要になってきますので、意識して面接に臨んでみて下さい。  また、ほとんどの面接は挨拶か自己紹介から始まります。そのため、これらについてはシナリオを作った上で何度も声に出して練習し、緊張していてもほぼ間違えないで言えるよう訓練しておくのも効果的です。

 

面接には心を整えてから臨みましょう。

面接は第一印象が悪いと大変不利になります。それゆえなるべく緊張しないよう、面接には心を整えてから臨むと良いでしょう。心に余裕があれば、面接官からの質問にも適切に対処出来ます。

第一志望の企業で、しっかり準備もしたのに、緊張のせいでボロボロ・・・という状況になってしまわないよう、しっかり準備したいところです。

 

文責 S:I

転職エージェントを効果的に利用する方法 メリットを最大限に引き出すコツ

転職活動をスタートさせる際に、多くの人が考えるのが「転職エージェントをどのように活用すればいいのか?」や「他のサービスとの違いは何か?」という点です。

この記事では、転職エージェントの特長や利点、サービスのステップと、賢く活用するためのポイントについて説明します。

5つの鉄則:30代の転職

30代は人生の転機として、多くの方が転職を検討する時期です。

ここでは、30代の転職を成功に導くためのポイントを簡潔にご紹介します。

転職には不確実性がつきものです。

特に初めての転職や異業種への転職活動の際は、転職までのプロセスやコツが分かりづらく、不安を感じることもあるでしょう。

この記事をご覧頂き、新たな一歩を踏み出す手助けにして頂ければ幸いです。

未経験からコンサルティングファームへの転職!その対策方法をご紹介

未経験からのコンサルタントへの転職において、選考で注目されるのは「コンサル適性」です。

この適性は主に「論理的思考能力」と「コミュニケーション能力」に集約されます。

書類審査から面接、さらにファームによっては課されるケース面接において、「なぜ?なぜ?」といった深掘り質問を通じて、候補者の適性を評価しています。

選考を突破するためには、自身のキャリアとコンサル転職への志望動機の一貫性が不可欠です。

そのためには、コンサル業界や応募するファームについての情報収集も欠かせません。

整理されていて面接官に会いたいと思わせる応募書類、深堀り質問に対応できる論理的思考能力、そして自身のコンサル適性を伝えるためのコミュニケーション力を身につけるための方法や転職のノウハウについてお伝えしていきます。

コンサル転職FAQ

コンサルへの転職活動を始める際には様々な疑問が出てくる方も多いのではないでしょうか。

この記事では、コンサルティング業界や、転職活動に関する、よくある質問にお答えしています。

是非、参考にしてください。

BACK