ワーケーション日記 vol.1 @下田(1日目) - ハニカム・キャリア G-111D3FR1WS

Columnお役立ちコラム

ワーケーション日記 vol.1 @下田(1日目)

ワーケーションに行ってきました!

…というと、ただ遊んで来ただけだと思われてしまうので、一つ体験記事を書いてみることにしました。
ワーケーションに興味あるけどまだやったことがない、良い場所があれば行ってみたい!
という方たちの参考になればと思います。

(記:2022年4月)

いざ、下田へ!

「自由に働く」をテーマとする弊社。
メンバーは当然原則フルリモートで、ワーケーションも推奨されています。
代表の私ももちろんそういう働き方。
ある日ふと思い立ち、ワーケーションに行ってきました。

今回の行き先は首都圏から一番近い楽園、下田です。

東京駅から下田までは、新幹線または踊り子号で約3時間ほど。おすすめは下田まで直通で行ける踊り子号です。景色も見やすいですしね。今回は全席グリーン席で話題(?)のサフィール踊り子に乗車。

しかし、サフィール踊り子の中で移動中もひたすら働いており、景色は全く楽しめませんでした。
電話も沢山かかってくる。
そりゃ平日ですし、お客様は私が踊り子号に乗ってることなんて知る由もありませんからね。

波の音に癒される宿

下田駅から無料送迎バスで約5分。ようやく到着!

今回お世話になったのは、オーシャンビューで人気の「下田大和館」です。

 

https://is.gd/Pzgxv4

着いたらすぐそこに海。波の音にとても癒されます。

平日だったので格安で予約が取れました。

なんと全室がオーシャンビュー!さらに露天風呂付のお部屋が16部屋もあります。

目の前に広がる多々戸浜は、下田の海岸の中でも特に透明度が高く、海水浴やサーフィンで大人気のビーチです。今回は利用しませんでしたが、ホテルには浜辺に直結のドアもあるようで、サーファーにはたまらない構造のホテルです。実際、4月半ばにしては結構な数のサーファーがいました。

大浴場ももちろんオーシャンビュー

海辺という地の利、海という素材を生かし切ったレイアウトのホテルでした。

正直、若干年代は感じるのですが、それを気にさせないほどの小綺麗さがありました。

しかし、到着するとほぼ同時にZOOMミーティングを2本。

ミーティング直後に部屋の露天風呂に飛び込み、一服したら着替えてまたすぐミーティング・・・ワーケーションはなかなか忙しい。

夕食は大変美味しかったです!が、写真を撮り忘れてしまいました・・・。

正確に言うと、「晩ご飯は電話に邪魔されずに楽しもう!」と部屋にスマホを置いたままで行ってしまったという・・・(笑)仕方が無いので広告用のデータで代用します。

プランによってはお部屋で食べることもできるそうです。

夕食後は個室露天風呂のほとりで仕事。波の音に本当に癒されます。

非日常で集中力アップ!

忙しい一日になりましたが、充実感はありました!

写真にするとのんびり過ごしているように見えるかも知れませんが、実際は通常の倍くらいの速度でタスクをこなしています。
普段の1日の行動量を10とすると、
ワーケーションはそれを仕事:休暇=8:2にすると言うより、
仕事:休暇=10:2にするというイメージです。
仕事と観光に時間を分割するとのではなく、普段の業務に無理矢理観光の時間を押し込んでいるような感じ。
それゆえ、多忙度が凄まじいことになります。
これがワーケーションがイマイチ普及しない原因の一つかも知れません。

それでもワーケーションをお薦めする理由の一つは、リフレッシュ・気分転換にあります。
普段とは環境が全く変わるので、集中力があがり、オペレーショナルなルーティンワークもダレずにこなすことが出来ます。
空気が変わればクリエイティブな仕事も捗りやすい。
単純なバケーションでは頭が観光モードになってしまうので、集中力アップの効果は期待しにくいです。
スケジュールが過密になりやすいのは事実ですが、その緊張感が仕事への集中力を上げてくれるという効果もあります。

個人的には「プロジェクト終盤で休む暇が無いけど頭が煮詰まってしまってどうしようもない!」といった状況でこそ効果が高いのでは、と思います。

 

・ ・ ・ ・ ・

 

というわけで、今回のワーケーション体験レポートは以上です。
2日目についてはまた機会を改めて投稿致します。
「自由に働く」がテーマの弊社、今後も様々な場所でワーケーションを行い、レポートしていきたいと思います。

 

転職エージェントを効果的に利用する方法 メリットを最大限に引き出すコツ

転職活動をスタートさせる際に、多くの人が考えるのが「転職エージェントをどのように活用すればいいのか?」や「他のサービスとの違いは何か?」という点です。

この記事では、転職エージェントの特長や利点、サービスのステップと、賢く活用するためのポイントについて説明します。

5つの鉄則:30代の転職

30代は人生の転機として、多くの方が転職を検討する時期です。

ここでは、30代の転職を成功に導くためのポイントを簡潔にご紹介します。

転職には不確実性がつきものです。

特に初めての転職や異業種への転職活動の際は、転職までのプロセスやコツが分かりづらく、不安を感じることもあるでしょう。

この記事をご覧頂き、新たな一歩を踏み出す手助けにして頂ければ幸いです。

未経験からコンサルティングファームへの転職!その対策方法をご紹介

未経験からのコンサルタントへの転職において、選考で注目されるのは「コンサル適性」です。

この適性は主に「論理的思考能力」と「コミュニケーション能力」に集約されます。

書類審査から面接、さらにファームによっては課されるケース面接において、「なぜ?なぜ?」といった深掘り質問を通じて、候補者の適性を評価しています。

選考を突破するためには、自身のキャリアとコンサル転職への志望動機の一貫性が不可欠です。

そのためには、コンサル業界や応募するファームについての情報収集も欠かせません。

整理されていて面接官に会いたいと思わせる応募書類、深堀り質問に対応できる論理的思考能力、そして自身のコンサル適性を伝えるためのコミュニケーション力を身につけるための方法や転職のノウハウについてお伝えしていきます。

コンサル転職FAQ

コンサルへの転職活動を始める際には様々な疑問が出てくる方も多いのではないでしょうか。

この記事では、コンサルティング業界や、転職活動に関する、よくある質問にお答えしています。

是非、参考にしてください。

BACK