即戦力として転職するためのスキルセットの磨き方 - ハニカム・キャリア G-111D3FR1WS

Columnお役立ちコラム

即戦力として転職するためのスキルセットの磨き方

「転職したいけれど、それが自分にとって適切な選択肢なのか分からない」という悩みはありませんか?
キャリアの持続的な成長のためには、長期的なキャリアプランを策定する必要があります。
自分がどのような仕事をしたいのか、どのような人と働きたいのか、どの程度の給与を得たいのか、まずは自分の理想を明確にすることが重要です。
現在の自分とのギャップを認識することで、必要なスキルを明確にし、効果的に理想のキャリアに近づくことができます。

■まずは現在の状況を客観的に把握する

企業が求める即戦力となるスキルは、一朝一夕で身につくものではありません。
自分自身が満足できるキャリア形成をするためには、日常的にスキルを磨き、選択肢を広げておく必要があります。
まずはこれまでに積み重ねてきた経験や成果などから、身につけたスキル(テクニカルスキルやポータブルスキル)を整理し、現在の自分の状況を客観的に把握しましょう。

■専門性を強みとする「テクニカルスキル」

特定の業界や職種で必要とされる知識、能力、資格などのスキルを「テクニカルスキル」と呼びます。
求人募集において「○○の経験○年以上」という要件が頻出し、専門性が求められる仕事において特に重要です。
同じ業界や職種への転職を希望する場合、これらのスキルは大きな強みとなるでしょう。

■持ち運びができる「ポータブルスキル」

見えにくいスキルの中には、「対人スキルを活かした社内調整力」や「周囲を鼓舞するリーダーシップ」などもあります。
これらのスキルは「ポータブルスキル」と呼ばれ、業界や職種、時代の制
約を超えて活用できる能力です。
部署を横断してプロジェクトの立ち上げやマネジメント経験を積んだ経験などは、中途採用の求人条件でよく要求されるため、転職する際には大きな強みとなります。
以下にポータブルスキルの例を挙げます。

・新しい情報を収集し、分かりやすく説明するスキル
・ツールを活用したデータ分析スキル
・周囲を盛り上げながらプロジェクトを推進するスキル

■自分の憧れと現在のギャップを意識する

自分の経験や他の企業でも通用するスキルを整理し、職務経歴書を更新してみましょう。
そうすることで、自分の価値が客観的に可視化されます。
その上で、気になる求人を確認してみましょう。
例えば、気になる企業のマネージャーポジションの求人に「5年以上の大手企業法人営業経験」との条件が記載されている場合、自分が8年の経験を持っていることを把握できます。
また、その他の項目に「他企業とのアライアンス経験」とある場合、「まだ自分はその経験がないので、次の期間にアライアンス業務にチャレンジしてみよう」といった具体的な目標を立てながら仕事に取り組むことができます。
ギャップを埋めるために意識的にスキルを磨くことは、将来のキャリア選択肢を増やすために重要です。

■まとめ

ご自身が描く理想の転職を実現するために、スキルセットを磨く方法を紹介しました。
現在の状況と理想のギャップを可視化し、長期的な視点で必要なスキルを考えることをお勧めします。
具体的な求人条件に注目し、求められるスキルを意識して日々準備を行うことで、効率的に目標に近づくことができるでしょう。

 

■関連記事はコチラ!

■経営コンサルタントとは?仕事内容、必要なスキルを解説
副業の活用法「副業で英語の実務経験を積む!」

転職エージェントを効果的に利用する方法 メリットを最大限に引き出すコツ

転職活動をスタートさせる際に、多くの人が考えるのが「転職エージェントをどのように活用すればいいのか?」や「他のサービスとの違いは何か?」という点です。

この記事では、転職エージェントの特長や利点、サービスのステップと、賢く活用するためのポイントについて説明します。

5つの鉄則:30代の転職

30代は人生の転機として、多くの方が転職を検討する時期です。

ここでは、30代の転職を成功に導くためのポイントを簡潔にご紹介します。

転職には不確実性がつきものです。

特に初めての転職や異業種への転職活動の際は、転職までのプロセスやコツが分かりづらく、不安を感じることもあるでしょう。

この記事をご覧頂き、新たな一歩を踏み出す手助けにして頂ければ幸いです。

未経験からコンサルティングファームへの転職!その対策方法をご紹介

未経験からのコンサルタントへの転職において、選考で注目されるのは「コンサル適性」です。

この適性は主に「論理的思考能力」と「コミュニケーション能力」に集約されます。

書類審査から面接、さらにファームによっては課されるケース面接において、「なぜ?なぜ?」といった深掘り質問を通じて、候補者の適性を評価しています。

選考を突破するためには、自身のキャリアとコンサル転職への志望動機の一貫性が不可欠です。

そのためには、コンサル業界や応募するファームについての情報収集も欠かせません。

整理されていて面接官に会いたいと思わせる応募書類、深堀り質問に対応できる論理的思考能力、そして自身のコンサル適性を伝えるためのコミュニケーション力を身につけるための方法や転職のノウハウについてお伝えしていきます。

コンサル転職FAQ

コンサルへの転職活動を始める際には様々な疑問が出てくる方も多いのではないでしょうか。

この記事では、コンサルティング業界や、転職活動に関する、よくある質問にお答えしています。

是非、参考にしてください。

BACK