コンサルファームへの中途入社のメリット - ハニカム・キャリア G-111D3FR1WS

Columnお役立ちコラム

コンサルファームへの中途入社のメリット

コンサルファームへの中途転職において、「新卒者が既に活躍している環境で、自分も同じく活躍できるのだろうか」といった不安を多くの方が感じています。

社員の割合だけで見ると、コンサルタントの半数以上が未経験者という事実があります。

しかし、「彼らは本当に活躍しているのか?」「その活躍の理由は何か?」といった不安や疑問にお答えできるよう、中途でコンサルファームに入社するメリットを紹介します。

■ 中途入社者の最大の強み

中途でのコンサルファームへの入社において、前職経験によって生まれる強みは多岐にわたります。

以下に、経歴ごとにそれぞれの利点を整理してみましょう。

【大企業出身者の場合:総合商社、大手メーカー、金融機関 など】

主な強みは、大企業内でのメカニズムに対する深い理解です。

大手コンサルティングファームのクライアントは主に大企業で構成されています。

多くのプロジェクトはCEOを中心とするトップダウンの進行が一般的ですが、成果を上げるには現場での効果的な動きや、時には課長や部長からのボトムアップの変革も必要です。

こうした状況で、資料作成やプレゼンテーションだけでなく、組織内でのコミュニケーションや動き方の理解が求められます。

前職経験があるからこそ提供できる強みです。

【ベンチャー出身者の場合:ネット系ベンチャー、スタートアップ など】

最大の強みは、迅速かつ大胆な挑戦力です。

コンサルファームが扱うテーマはますます複雑化しており、専門的な知識が求められます。

こうした状況で、デスクワークだけでなく、外部専門家と協力して情報を得ることも重要です。

ベンチャー出身者が持つのは、悩む前にアクションを起こし、結果を見て修正する能力です。

このアプローチはコンサルファームでも非常に有益な能力とされています。

【プロフェッショナル職出身者の場合:弁護士、会計士 など】

プロフェッショナル職の出身者は、プロジェクト単位での仕事に慣れており、比較的早くコンサルファームの働き方に適応できる印象があります。

また、プロジェクトによっては法律や会計の専門知識が必要なこともあり、そのような場面で大いに活躍できるのが利点です。

■ 中途入社コンサルタントの多様な強み

前職での経験以外にも、中途でのコンサルタント転職者は、様々な強みを持っています。

全ての方に共通するものではないですが、代表的な例を以下に挙げてみます。

・ 特定の領域において深い専門知識を有している

・前職で築いた人的ネットワークを活用できる

・ 優れた交渉力やコミュニケーションスキル(雑談力を含む)

・ クライアント先でプロジェクトを推進する経験がある

・チームプレイヤーとして協調性を発揮できる

・多様な経験を通じて醸成された人間的な魅力がある など

これらの中途採用者の強みは、戦略的なトップファームであるマッキンゼーやボストンコンサルティングから、ITと戦略を融合させたファームであるアクセンチュアなど、どのコンサルティングファームでも活かせるポイントです。

■一方で、中途コンサルならではの注意点も

ただし、中途採用者ならではの注意点も忘れてはなりません。

どれだけ優秀な中途入社者であっても、以下のような陥りがちな課題が存在します。

1つは当てはまることがあると思うので、是非チェックしてみてください。

・ 前職での慣習にこだわりすぎる

・ タスクを一人で抱え込みすぎる

・ インプットを貰うことが面倒で、報告が滞る

・ 細かい作業にこだわりすぎる

・ 不必要な資料を大量に作成する

・ 時間の投入で全てを解決しようとする など

■ まとめ

中途入社者ならではの多彩な強みが存在し、これにコンサルティングスキルを加えることで、非常に魅力的なコンサルタントになることができます。

是非、参考にしてみてください。

関連記事はコチラ!

転職エージェントを効果的に利用する方法 メリットを最大限に引き出すコツ

転職活動をスタートさせる際に、多くの人が考えるのが「転職エージェントをどのように活用すればいいのか?」や「他のサービスとの違いは何か?」という点です。

この記事では、転職エージェントの特長や利点、サービスのステップと、賢く活用するためのポイントについて説明します。

5つの鉄則:30代の転職

30代は人生の転機として、多くの方が転職を検討する時期です。

ここでは、30代の転職を成功に導くためのポイントを簡潔にご紹介します。

転職には不確実性がつきものです。

特に初めての転職や異業種への転職活動の際は、転職までのプロセスやコツが分かりづらく、不安を感じることもあるでしょう。

この記事をご覧頂き、新たな一歩を踏み出す手助けにして頂ければ幸いです。

未経験からコンサルティングファームへの転職!その対策方法をご紹介

未経験からのコンサルタントへの転職において、選考で注目されるのは「コンサル適性」です。

この適性は主に「論理的思考能力」と「コミュニケーション能力」に集約されます。

書類審査から面接、さらにファームによっては課されるケース面接において、「なぜ?なぜ?」といった深掘り質問を通じて、候補者の適性を評価しています。

選考を突破するためには、自身のキャリアとコンサル転職への志望動機の一貫性が不可欠です。

そのためには、コンサル業界や応募するファームについての情報収集も欠かせません。

整理されていて面接官に会いたいと思わせる応募書類、深堀り質問に対応できる論理的思考能力、そして自身のコンサル適性を伝えるためのコミュニケーション力を身につけるための方法や転職のノウハウについてお伝えしていきます。

コンサル転職FAQ

コンサルへの転職活動を始める際には様々な疑問が出てくる方も多いのではないでしょうか。

この記事では、コンサルティング業界や、転職活動に関する、よくある質問にお答えしています。

是非、参考にしてください。

BACK